IT派遣で叶う
理想の働き方

COLUMN

ITエンジニアの働き方は、会社員かフリーランスか

ITエンジニアの働き方として、会社(SIer・SES・人材派遣など)に所属するか、フリーランスかという選択肢があります。いずれもメリットとデメリットがあり、どれが正解というものではありません。

会社に所属する場合、収入や福利厚生などの面で安定して働くことができます。しかし、会社が受託するプロジェクトに参加することになるので、会社の領域に固定されてしまいます。つまり、毎回似た仕事にしか携わることができず、スキルの幅は広がりにくいでしょう。また、上流の案件は比較的少ないためポストも埋まりやすく、キャリアアップもそう簡単ではありません。

一方フリーランスは、自分でプロジェクトを受託するため、領域に縛られず多種多様なプロジェクトに参加することで幅広いスキルが身につきます。また、交渉次第ではプロジェクトマネージャーのポジションで参加することも可能です。

しかし、仕事を獲得するための営業力が求められ、仕事量が安定せず収入に影響するリスクもあります。同じプロジェクトを狙うライバルの中には企業も含まれ、その中で自分を選んでもらえるような人脈や実績など、客観的なセルフプロデュース力も必要でしょう。やりたい仕事を獲得するためには、会社員よりも自由でリターンが多い分、大変な面が多いのも事実です。

ITエンジニアが求める「理想的な働き方」とは

エンジニアが求める環境は、一定の保証がありながら継続的に成長できること、そう言えるかもしれません。たとえ収入面が安定していても、技術の向上がなければ自分の市場価値はどんどん下がってしまいますし、逆に技術があっても仕事が獲得できなければ収入面のリスクがあります。

会社員の安定性とフリーランスの成長性、これら両方のメリットを満たすことができれば、エンジニアにとって理想的な働き方と言えるでしょう。かつ、それに伴うデメリットを解消できれば、望ましいキャリアが手に入るはずです。

派遣という働き方で手に入る「安定+成長」

「安定+成長」両方のメリットを実現するには、常用型派遣という選択肢があります。(常用型派遣は正社員として派遣会社に雇用され、派遣される形態です)なぜなら派遣エンジニアが就業先で力を発揮できるよう、会社がサポートしてくれるからです。

まず、会社に所属することで収入面や社会保障などの安定が手に入ります。そして、クライアントから受注した多種多様なプロジェクトがあるため、フリーランスのような仕事量の不安定さもなく、落ち着いて働くことができます。

スキルアップ研修や資格取得の支援など、エンジニアの成長につながる充実した教育制度を提供している派遣会社も多くあります。また、多様なプロジェクトがあることで、一社の中では味わえない色々な経験ができ、取得したスキルが活かせるキャリアパスが描けるはずです。

夢テクノロジーの安定した環境なら、理想的なキャリアが叶う

夢テクノロジーでは、エンジニアの成長をサポートする独自のキャリアプログラムを用意しています。外部任せにしない自社講師、現場での需要が高い最新の研修内容、独学のためのeラーニングなど、成長し続けられる仕組みが整っています。

また、客観的なスキルレベルを評価する独自の仕組みがあり、研修の受講や資格取得といった積み上げもきちんと反映されていきます。自分の市場価値が正しく分かることで、着実なキャリアアップが可能です。かつ現在の自分のレベルに合わせて派遣されるので、ミスマッチが起きるリスクも避けられます。

さらに夢テクノロジーなら取引社数も多く、転職せず一社に在籍しながら豊富な経験を積むことができます。正社員としてエンジニアを採用しているため、派遣先の就業が終了しても雇用契約が切れるわけではなく、安心して働き続けることが可能です。

エンジニアとして安心も成長も手に入れる、夢テクノロジーならそんな理想的なキャリアを実現することができます。

夢テクノロジーのエンジニアキャリアの描き方についてはこちら

その他のコンテンツ
複雑化したIT業界でエンジニアが成長できる道

エンジニアのキャリアを考えるには、社会の変化を理解することが重要です。コロナ禍以降、未経験のエンジニアはどのようにキャリアを歩めるのか、弊社に在籍するエンジニアを長年見てきた結果をまとめています。転職や派遣の比較など未経験エンジニアの方はぜひお読みください。

Sler、SESと派遣の違いを考える

SIer、SES、派遣の違いを説明しました。これらは名前が違うだけではなく、エンジニアの働き方に大きく関わります。特に転職の際にはエンジニアの会社選びに理解しておいた方がいい内容に絞ってまとめましたのでぜひお読みください。

エンジニアとして必ず成長し、幸せなキャリアを歩める環境を

夢テクノロジーの研修責任者がどのように考えエンジニア研修を設計し、これからエンジニアになる人たちへ何を求めているのかをインタビューしました。「一人ひとりのエンジニア候補を、必ず全員一人前に」と語る杉谷にその訳を聞きました。ぜひお読みください。