新たな一歩を
踏み出した

西島さんに
インタビュー

COLUMN

仕事の内容、大変だと感じたこと

企業で活躍中の西島さんへのインタビュー記事です。お仕事の内容や大変だと感じたこと、仕事のやりがいや意識していることなどを聞かせていただきました。また、今後挑戦したいことや前職ではどのように活躍されていたのかも教えていただきました。

これまでの経験(関わった事業や業務内容など)について教えてください

大学卒業後、誰かのサポートをしたいと考え、ファミリーレストランや整骨院の受付など、接客業に携わっていました。その中でバックオフィス業務にやりがいを感じて、前職では営業事務として経験を重ねました。しかし将来の働き方も含めて熟考した結果、事務だけでなくプラスアルファの能力を身につけたいと考えて、エンジニアを志しました。

普段はどんなお仕事をしていますか?

サーバー製品やクライアントPCなどの、電話やメールでのサポート業務を行っています。具体的には、お客様からのお問い合わせ内容に対しての調査や、仮想端末を用いての動作確認や検証などです。お問い合わせの結果案内もエンジニアが行うので、直接お客様とのやりとりも行っています。

スキル面以外でのご自身の強みとは?その強みを活かした経験について教えてください

私の強みは、接客業で培ったコミュニケーション能力です。サポート業務は未経験でしたが、コミュニケーション能力を活かしたいと思い、現在の就業先に就かせていただきました。業務では技術力よりコミュニケーション能力を求められる場面が多々あります。私が実際に行った対応を、例として提示いただいたことや、お客様からのアンケートで、対応が丁寧だったと謝辞をいただいたことがあります。

今までで大変だったこと、難しいと感じたことはありますか?

未経験の状態でスタートしたので、わからないこと、難しいことばかりでした。毎回勉強している状態です。お問い合わせ内容は毎回異なりますが、毎回勉強しているうちに、対応できることが増えてきました。お客様のお役に立てることはもちろん、自分の知識や経験が増えていくことにも、やりがいを感じています。

普段業務で心がけていることはありますか?

お客様の質問に答えるだけでなく、その背景や根本的な問題について、意識するように心がけています。気になった内容は調べますが、お客様の求めていることの本質からそれないように、常に意識しています。

今後どのようなことにチャレンジしたいですか?

まだわからないことが多いので、まずは実務経験と知識を増やしていきたいと思っています。その上で今後は、Azureなどのクラウドの分野にも関わりたいと考えています。

夢テクノロジーの研修の魅力について教えてください

スキルに合った研修を受けられることが、魅力だと思いました。相談や質問がしやすく、未経験者にとって非常にありがたい環境だと感じました。

前職ではどのような仕事をしていましたか?

ファミリーレストランや整骨院の受付、マッサージサロンでの施術など、主に接客業に携わっていました。また中古車情報誌を作成する企業や、建築会社の事務として、データ入力や資料作成などをしていました。

エンジニアの転職は夢テクノロジーへご相談ください

夢テクノロジーは、エンジニアになりたいあなたをサポートします。男性も女性も、ものづくりの最前線で活躍できるエンジニアになれるよう、様々なサポート体制、研修制度を整えています。夢テクノロジーであなたの夢を叶えませんか。

その他のコンテンツ
複雑化したIT業界でエンジニアが成長できる道
複雑化したIT業界でエンジニアが成長できる道

エンジニアのキャリアを考えるには、社会の変化を理解することが重要です。コロナ禍以降、未経験のエンジニアはどのようにキャリアを歩めるのか、弊社に在籍するエンジニアを長年見てきた結果をまとめています。転職や派遣の比較など未経験エンジニアの方はぜひお読みください。

IT派遣で叶う理想の働き方
IT派遣で叶う理想の働き方

変わり続ける技術の中で、エンジニアが挑戦と安定を両立させる方法を考えてみました。フリーランスや業務委託から派遣まで、その良し悪しを整理し今後のエンジニアキャリアを考える上での参考にしてください。

Sler、SESと派遣の違いを考える
Sler、SESと派遣の違いを考える

SIer、SES、派遣の違いを説明しました。これらは名前が違うだけではなく、エンジニアの働き方に大きく関わります。特に転職の際にはエンジニアの会社選びに理解しておいた方がいい内容に絞ってまとめましたのでぜひお読みください。

エンジニアとして必ず成長し、幸せなキャリアを歩める環境を
エンジニアとして必ず成長し、幸せなキャリアを歩める環境を

夢テクノロジーの研修責任者がどのように考えエンジニア研修を設計し、これからエンジニアになる人たちへ何を求めているのかをインタビューしました。「一人ひとりのエンジニア候補を、必ず全員一人前に」と語る杉谷にその訳を聞きました。ぜひお読みください。