新たな一歩を
踏み出した

Sさんに
インタビュー

COLUMN

ServiceCloud導入用の顧客向けマニュアル作成でのスキル、役割

ServiceCloud導入用の顧客向けマニュアル作成、Salesforceの保守・運用に関わっている佐藤さんへのインタビュー内容です。どの位のスキルをお持ちか、チームでどのような役割を担っているのか、今後どのような事にチャレンジしたいかなどをお尋ねしました。

普段はどんなお仕事をしていますか?

今は、ServiceCloud導入用の顧客向けマニュアル作成を任されています。コロナ禍により企業のチャット対応化が進んでいるので、チャット導入の手順等を主に作成しています。

その他に、Salesforceの保守・運用にも携わっています。

今までで大変だったこと難しいと感じたことはありますか?

私が一番大変だったなと感じたのは、Salesforce機能の単体テストや仕様書作成を任された時でしたね。

入社したばかりで、右も左もわからない中で、何とか研修に食らいつき研修明けでの業務だったので大変でした。

やりがいを教えてください

私にとってのやりがいは、まさに「現在」です。この業界に未経験での転職だったので、最初は分からないことが非常に多く苦労しました。

ですが、周りの同期や上司にフォローをしてもらいタスクをこなせるようになった「現在」が、私がやりがいを感じている部分です。

普段業務で心がけていることはありますか?

納期を意識して、早め早めを念頭に置いてますが、早さだけをメインにしてしまうとミスを見つけた場合に、自分ではなくメンバーと上司などに迷惑をかけてしまいます。

なので私は、早さもあって丁寧にミスなく仕上げるよう意識して業務に取り組んでします。

今後どのようなことにチャレンジしたいですか?

Salesforceに関わる資格自体は1つしか所持していないので、ServiceCloudコンサルタントの資格を取得したいと考えています。

ServiceCloudコンサルタントの資格を取得することで、仕事の幅を広げられるので今は空き時間を見つけて勉強中です。

研修で学んだ内容は配属先で活きていますか?

私は、これまでエンジニアに関わる作業や知識などにあまり触れてこなかったこともあり、研修時にSalesforceの操作やDeveloper環境に悩み訳がわからなくなった経験があります。

ですが、夢テクノロジーの研修では色んな機能に多く触れられる機会があり、未経験の私でも次第に理解できるようになり、色んな機能に触れたおかげで配属が決まった後にも役に立ちましたね。

前職ではどのような仕事をしていましたか?

前職では、コールセンターに勤務していました。そこでは、主にコールセンター業務である顧客対応に携わることと他に、新人教育業務を担当していました。

コールセンターが前職ということもあり、そこで培ったコミュニケーション能力や、ヒアリング力が身に付き同僚や上司に何か分からないことがあれば相談したり、依頼などで何を求めているのかなどを瞬時に理解したりなど、非常に役に立っています。

エンジニアの転職は夢テクノロジーへご相談ください

エンジニアの転職は夢テクノロジーにご相談ください。夢テクノロジーでは20代~30代が多数活躍中です。研修が充実していますので、文系出身でも大丈夫です。しかも研修中でも給与をお支払いします。

先輩社員の8割が未経験スタートです。手に職をつけて働きたいと思ったらぜひ夢テクノロジーへご連絡ください。

その他のコンテンツ
複雑化したIT業界でエンジニアが成長できる道
複雑化したIT業界でエンジニアが成長できる道

エンジニアのキャリアを考えるには、社会の変化を理解することが重要です。コロナ禍以降、未経験のエンジニアはどのようにキャリアを歩めるのか、弊社に在籍するエンジニアを長年見てきた結果をまとめています。転職や派遣の比較など未経験エンジニアの方はぜひお読みください。

IT派遣で叶う理想の働き方
IT派遣で叶う理想の働き方

変わり続ける技術の中で、エンジニアが挑戦と安定を両立させる方法を考えてみました。フリーランスや業務委託から派遣まで、その良し悪しを整理し今後のエンジニアキャリアを考える上での参考にしてください。

Sler、SESと派遣の違いを考える
Sler、SESと派遣の違いを考える

SIer、SES、派遣の違いを説明しました。これらは名前が違うだけではなく、エンジニアの働き方に大きく関わります。特に転職の際にはエンジニアの会社選びに理解しておいた方がいい内容に絞ってまとめましたのでぜひお読みください。

エンジニアとして必ず成長し、幸せなキャリアを歩める環境を
エンジニアとして必ず成長し、幸せなキャリアを歩める環境を

夢テクノロジーの研修責任者がどのように考えエンジニア研修を設計し、これからエンジニアになる人たちへ何を求めているのかをインタビューしました。「一人ひとりのエンジニア候補を、必ず全員一人前に」と語る杉谷にその訳を聞きました。ぜひお読みください。