説明会申し込み

閉じる

夢テクノロジー技術者紹介

インフラの管理業務で活躍しています

菅野さん

2008年5月 未経験入社

インフラの管理業務
技術マネージャー

INTERVIEW04

信頼を得られることのやりがい、信頼関係を築きながらエンジニアをフォローしていけたら良いなと思いました。

普段はどんなお仕事をしていますか?

菅野さん:ある企業へ個別ソリューションの提供をしています。ネットワークで代表的なものだと大手通信会社、その他にも法人向けの通信もあります。お客様のニーズによっては、エンドのお客様先まで潜り込んで個別のソリューションを提供しています。今のお客様は大手の電機会社なのですが、そこの個別ソリューションの案件の運用管理をしていています。例えば通信量が多いので通信速度が速いものに変えませんかとか、今は一本の線ですが何か故障が起きた時に使えなくなってしまうので、もう一本引いて冗長化して可用性を持たせたらどうですかとか、お客様の抱えている問題に対して提案をして、売り上げを固定させつつ、社員さんと一緒に営業・管理しています。

達成感を感じるのはどんなときですか?

菅野さん:10年間色々なことがありました。辛いことがなかったと言えばそれは嘘になります。多少自分の中で停滞したなという時期はありました。その時は当時の技術マネージャーと相談しながら考え、フォローしてくれたことが支えになりました。そこで、フォローアップ人数200人というのはたしかに厳しいけど、自分がフォローアップした人がどんどん成長するのは嬉しいと思えるようになりました。一番うれしかったのは、担当のエンジニアと営業が結婚したことです。そして祝辞を頼まれたこと。やってて良かったと思いました。信頼を得られることのやりがい、信頼関係を築きながらエンジニアをフォローしていけたら良いなと思いました。そういった人としての幸せが感じられました。

今後こんなお仕事がしてみたいという夢はありますか?

菅野さん:会社が成長してきて案件も増え、知名度も上がってきているので、他のアウトソーシング会社や大手の企業も認識してくれています。経験者は今まで経験したものがあると思いますが、アウトソーシング事業の形態上、色々なお客様のところに行けるので色々な経験ができます。自分の経験を活かしつつ新しい経験も身につけられると思います。経験を活かせるところに行って、その技術を磨いてさらに派生した経験をすることもできる、経験者ならではの色々な選択肢が増やせます。

今後の目標を教えてください

菅野さん:現在の現場では人を動かすことが多いのですが、夢テクでもマネージャーとしてなかなかエンジニアと面談する時間が作れていません。もっと、人の役に立つというか、支えられればよいなと思っています。そういった形で会社に貢献していきたいです。

技術者一覧へ