説明会申し込み

閉じる

夢テクノロジー技術者紹介

インフラエンジニアとして活躍しています

柿山さん

2018年5月入社

ITスペシャリスト研修を受講し
設計構築業務を担当

INTERVIEW04

ステップアップには努力も必要ですが、やっぱり一番はコミュニケーションですね。

普段はどんなお仕事をしていますか?

柿山さん:普段は仮想基盤の設計と構築がメインです。お客様(エンドユーザー)からいただいた要件をもとに、WindowsサーバーなどのOSやそれに載せるミドルウェアが、どのような設定値でどのようなパフォーマンスを出せるのか、というのを考え設計書に記載し、その通りに構築します。

やりがいや達成感を感じるのはどんな時ですか?

柿山さん:僕がいる工程はモノがないだけでかなり製造業に近しいものがあって、ドキュメント一つとってもそうなのですが、自分が構築したものが成果物になっているというところに対してはすごくやりがいを感じます。今日も、本番環境をリリースしてから最初の月次メンテナンスで夜間待機だったのですが、何一つ障害なく終わって達成感が半端ないですね(笑)そういう風に感じられるようになったのは3ヶ月目ぐらいです。最初の案件が構築の中盤くらいだったのですが、出張先でびっくりするぐらい障害が起きたんです。それが終わって帰ってきて全部上手くいった時が一番最初に達成感を感じました。

スキルアップに必要なことはなんですか?

柿山さん:やっぱりコミュニケーションが一番ですかね。最低限のビジネスマナーがあって、最低限よりもう一つ上のコミュニケーション能力がある方。あとは気を遣える方だと思います。たとえば、お客様が抱えている仕事に対して、こういうことができますが請け負いましょうか、と提案してみています。上流工程に携わるようになるためには受動的ではなくて、自分発信で何かをするということがかなり大事になってきますので。技術面なんて死ぬ気でやればどうにかなりますが、そういったモチベーションの部分はやっぱり作っていかないといけないものなので、そこが上のフェーズにいける人とそうでない人との違いなのかなと思います。

ある一日の流れ

技術者一覧へ