研修対象者
入社時研修
研修期間
1ヶ月~2ヶ月
研修タイプ
システム管理及びサーバー基礎
研修ゴール
Linux技術者認定資格(LPIC) Linuxおよびネットワークの基礎を理解し、Linuxサーバの運用・保守ができるようになる
活かせる仕事
ネットワークエンジニア(設計・構築・運用・保守)/サーバエンジニア(設計・構築)
備考
入社時に受講
Training Curriculum

研修カリキュラム

(受講期間最大1ヶ月~2ヶ月)

  • day 1~3
    • Linux基礎
  • day 4~6
    • 101試験対象範囲 講義、実習
  • day 7~11
    • 101試験対策
  • day 12~14
    • 102試験対象範囲 講義、実習
  • day 15~19
    • 102試験対策
  • day 20~
    • 試験対策または実務向け実践実習

※カリキュラムは個別にカスタマイズして進めていきます。

Linuxの中立的なベンダーニュートラルな資格としてネットワークの運用・管理が出来るエキスパートへ!

Webサーバをはじめ、あらゆる分野で利用されるLinuxの技術レベルを評価する世界標準資格であるLinux技術者認定資格(LPIC)の取得を目指します。

Features

クラウド・サーバ(Linux)研修の特徴

多くの企業が求める「Linuxサーバの運用ができる技術者」の育成に焦点を当てています

Linuxサーバ運用業務に必要な一連の基礎知識を習得後、
資格取得に向けた試験対策を行います

基礎知識の内、実務にも必要な部分は試験対策の中でも再度扱うため、
単なる「資格取得」のみでなく、知識とスキルの定着を目指して学習します

1人1台の実習用PCを用意し、講義で学習した内容を実際に操作して理解を深めます

講師はLinuxをはじめとした各種サーバの運用・構築作業に
長年従事した元エンジニアが担当します